指輪を綺麗にするには適切な対処法があります

指輪を綺麗に保つ

ダイヤ

指輪の汚れや傷の対処法を知る

指輪は手入れを怠ると劣化が早くなります。ですから、汚れや傷があれば早期に適切な対処をする必要があるのです。

輝きが曇った時は中性洗剤で洗う

プラチナやゴールドやダイヤは油分によって輝きがなくなってきます。その際には、中性洗剤を泡立てて優しく洗うようにしましょう。そうすることで、輝きを取り戻すことができます。

磨き直しで綺麗にする

指輪を長年使っていると細かな傷が気になってきます。このような傷を改善するには、指輪の磨き直しを使うと綺麗になります。しかし、大きな傷であれば磨き直しでは意味がありません。その為、大きな傷がある場合は指輪のリフォーム業者に頼むようにしましょう。

指輪の劣化を引き起こす5場面

no.1

硬いもので傷つけてしまう

日常生活で食器に触れたり家具に触れたりすることで指輪は少しずつ傷ついていきます。また、金具や工具を触る仕事をしている人であれば変形や傷がつきやすくなるので気をつけるようにしましょう。

no.2

重い荷物を持つ

重い荷物を上げ下げする仕事をしている人は、指輪が変形しやすくなりデザインが崩れることもあります。さらに、変形すると指輪が指から外れなくなってしまう可能性がでてしまいます。

no.3

運動する

運動をする時に、指輪をつけていると汗で黒く酸化することもあります。その為、運動時には指輪を外しておくようにしましょう。

no.4

メイク

女性であれば毎日のメイクが欠かせません。しかし、化粧品に含まれる油分が原因で指輪の劣化を引き起こしてしまうのです。また、ダイヤは油分がつきやすいので外してからメイクをして下さい。

no.5

温泉に入る

シルバーやピンクゴールドなどの素材は、温泉に含まれる硫黄の成分によって変色を起こしてしまいます。ですから、指輪をつけて温泉に入ることは避けておきましょう。

広告募集中